水のトラブルを防ぐには

水のトラブルを防ぐには 一戸建てにしてもマンションにしても、暮らしには水は欠かせません。飲み水や食器を洗うために水道を利用し、生活する上ではトイレやお風呂などでも水を使います。水は配水管によって家まで運ばれ、使うと下水に流されます。ただ配水管やホース、蛇口などは使用すると劣化するので、水漏れなどのトラブルも起こるでしょう。水のトラブルを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

■日頃からの予防が大切

毎日の生活の中では、どうしても使用頻度の多いのが水であり、使うための設備は家の中に多くあります。使用していればパーツや設備の劣化は進み、やがて破損などによって水のトラブルが起こるようになります。水が漏れる他にも、配管などが詰まって水が流れなくなるようなこともあります。
トラブルが起これば水が使用できなくなるばかりでなく、家の中に水が溢れるなど被害も出ます。場合によっては床や壁が浸水してしまい、取り替えなければならない事態に陥ります。
日頃から予防せず設備のメンテナンスをしなければ、水のトラブルが発生した場合被害が甚大です。一カ所のみならず数カ所同時にトラブルが発生することも否めず、復旧や修理は大がかりとなるでしょう。トラブルが甚大となれば、その修理も大がかりとなり、修理費用も高く修理日数もかかります。場合によっては配管を丸ごと交換する必要があり、工事は大がかりなものとなります。
トラブルが起きたときの被害を少なくして、修理を簡単に済ませられるようにするためにも、日頃からの予防は大切です。

■水のトラブルを予防すべき場所
水を使う場所というと、キッチン・トイレ・お風呂・洗濯機などです。水は蛇口やホースによって運ばれていき使用するので、日頃からこれらパーツのチェックとメンテナンスをすることが大切です。
配水管や排水ホース、蛇口などはナットやパッキンなどのパーツも使われています。日頃からこれらのパーツも一緒にチェックし、トラブルを予防するようにしましょう。ホースや配管などの他に、これらに付随するパーツの劣化によっても、水のトラブルは起こります。
具体的にトラブルが起きやすい場所というと、蛇口のナットや配水管の接続部、トイレタンク内部や便器、給水管の接続部、洗濯機のホースなどです。日頃からこれらをチェックし、メンテナンスをすれば水のトラブルを予防できます。
各パーツは目視して、水が漏れていないか見ていきます。小さい破損箇所から徐々に水が漏れる場合もあるので、ホースやパーツに少しだけ水がついていれば、どこかから漏れがないか入念に確かめましょう。

■予防のためのチェック

水のトラブルが発生しやすいのは、配水管や排水ホースの他に、ナットなどのパーツです。水のトラブルを予防するためにチェックするならば、まずはこれらを確認します。また配管の繋ぎ目も確認し、ずれていないか劣化して破損していないか確かめます。
特に接続部分から水が漏れる場合が多いので、繋ぎ目から水漏れがないかは入念に見ていきます。
設備の不具合がないかどうかは、水道メーターを見てみましょう。蛇口などを締めて水が出ないようにしているのに、メーターが動いていればどこかから水が漏れています。
水のトラブルを予防するためには、配管の洗浄も有効です。配水管は毎日使い汚水や食べ物を流すので、汚れや油が配水管内部についていきます。これらは配水管の劣化を進めることとなり、日頃配管の洗浄をしておくと、劣化を防いでトラブルを起きにくくできます。

■まとめ
水のトラブルは一度発生すると、その被害が大きくなりやすく修理も大変です。多くの場合は劣化したパーツを交換しなければならず、修理が自分では無理そうとなれば、業者に依頼することになるでしょう。日頃からメンテナンスしていれば、トラブルを予防することも可能であり、万が一のときも被害が少なくて済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース